next up previous
Next: 2014 school year (47 Up: List by school year Previous: 2012 school year (45


2013 school year (46 years old) 27 entries

  1. [1 Book] 上田 哲史, 多様体と大域分岐,カオス制御, 応用数理ハンドブック, 朝倉書店, 東京, Aug. 2013. (2013 年度 )
  2. [1 Book] Clara Gracio, Daniele Fournier-Prunaret, Tetsushi Ueta, Yoshifumi Nishio, Nonlinear Maps and their Applications; Selected Contributions from the NOMA 2011 International Workshop, Springer, New York, Mar. 2014. (2013 年度 )
  3. [2 Academic Paper] 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博, BVP発振器の結合方式による分岐と発振の分類, 信号処理学会, Journal of Signal Processing, Vol.18, No.1, 39-48頁, Jan. 2014. (2013 年度 )
  4. [2 Academic Paper] Atsuo Maki, Naoya Umeda, Renilson Martin, Tetsushi Ueta, Analytical methods to predict the surf-riding threshold and the wave-blocking threshold in astern seas, Springer, Journal of Marine Science and Technology, Vol.19, No.4, pp.415-424, Feb. 2014. (2013 年度 )
  5. [2 Academic Paper] Atsuo Maki, Naoya Umeda, Tetsushi Ueta, Melnikov integral formula for beam sea roll motion utilizing a non-Hamiltonian exact heteroclinic orbit: analytic extension and numerical validation, Springer, Journal of Marine Science and Technology, Vol.19, No.3, pp.257-264, Mar. 2014. (2013 年度 )
  6. [5 Proceeding of International Conference] Tetsushi Ueta, Daisuke Ito, Kazuyuki Aihara, Restoration control for disappeared periodic solutions, Proc. of 5th Int. Conf. Frontiers of Nonlinear Physics, pp.34-35, Nyzhny Novgrod, July 2013. (2013 年度 )
  7. [5 Proceeding of International Conference] Ken'ichi Fujimoto, Tomohiro Otsu, Tetsuya Yoshinaga, Tetsushi Ueta, Hiroyuki Kitajima, Kazuyuki Aihara, Controlling Method to Avoid Bifurcations of Periodic Points Using Maximum Lyapunov Exponent, Proc. of 2013 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, pp.158-161, Santa Fe, Sep. 2013. (2013 年度 )
  8. [5 Proceeding of International Conference] Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Shigeki Tsuji, Kazuyuki Aihara, Attractor-Preserving Control to Avoid Saddle-Node Bifurcation, Proc. NOLTA 2013, pp.150-153, Santa Fe, Sep. 2013. (2013 年度 )
  9. [5 Proceeding of International Conference] Yu Miino, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Bifurcation phenomena of forced Izhikevich neuron model, Proc. NCSP 2014, pp.413-416, Honolulu, Mar. 2014. (2013 年度 )
  10. [6 Proceeding of Domestic Conference] 伊藤 大輔, 辻 明典, 木本 圭子, 合原 一究, 関川 宗久, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博, LEDホタルの引き込み現象:ホタルはエッジで同期する, LED総合フォーラム2013 in徳島論文集, 87-88頁, 阿波銀ホール, Apr. 2013. (2013 年度 )
  11. [6 Proceeding of Domestic Conference] 中西 崇弥, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 馬蹄形写像におけるカオス制御, 回路とシステムワークショップ論文集, 1-6頁, 淡路島, Aug. 2013. (2013 年度 )
  12. [6 Proceeding of Domestic Conference] 伊藤 大輔, 上田 哲史, 結合南雲・佐藤モデルにおける分岐解析, 回路とシステムワークショップ論文集, 285-288頁, 淡路島, Aug. 2013. (2013 年度 )
  13. [6 Proceeding of Domestic Conference] 上田 哲史, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 松村 健, 関 陽介, 大学コミュニケーションポータルの運用と課題, 第17回学術情報処理研究集会発表論文集, 5-9頁, 千葉市, Sep. 2013. (2013 年度 )
  14. [6 Proceeding of Domestic Conference] 佐野 雅彦, 八木 香奈枝, 上田 哲史, 徳島大学情報化推進センター ISMS 活動事例, ISMS取得2年目の取り組み, 第17回学術情報処理研究集会発表論文集, 17-20頁, 千葉市, Sep. 2013. (2013 年度 )
  15. [6 Proceeding of Domestic Conference] 稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博, ある4次元発振器で見られるバースト発振について, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 2頁, 徳島市, Sep. 2013. (2013 年度 )
  16. [6 Proceeding of Domestic Conference] 間野 翔大, 上田 哲史, 方向彩色による周期点抽出支援ツールの開発, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 9頁, 徳島市, Sep. 2013. (2013 年度 )
  17. [6 Proceeding of Domestic Conference] 菱川 健治, 上田 哲史, 西尾 芳文, 牛田 享宏, 青野 修一, モバイル端末における身体活動観測ツールの開発, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 301頁, 徳島市, Sep. 2013. (2013 年度 )
  18. [6 Proceeding of Domestic Conference] 上田 哲史, 佐野 雅彦, 八木 香奈枝, JGN-Xを利用した緊急時情報発信機構の確保, 平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 340頁, 徳島市, Sep. 2013. (2013 年度 )
  19. [6 Proceeding of Domestic Conference] 辻 明典, 伊藤 大輔, 木本 圭子, 合原 一究, 関川 宗久, 上田 哲史, 合原 一幸, 川上 博, LEDホタルによるゲンジボタルの発光同期パタンの解析, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 3頁, 徳島大学, Sep. 2013. (2013 年度 )
  20. [6 Proceeding of Domestic Conference] 大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 吉永 哲哉, 最大リアプノフ指数による安定固定点の分岐回避, 電子情報通信学会, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS49-SS50頁, 新潟, Mar. 2014. (2013 年度 )
  21. [6 Proceeding of Domestic Conference] 伊藤 大輔, 大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 吉永 哲哉, 最大リアプノフ指数を用いた分岐抑制制御, 計測自動制御学会, 第1回制御部門マルチシンポジウム資料, 742-745頁, 東京, Mar. 2014. (2013 年度 )
  22. [6 Proceeding of Domestic Conference] 関 陽介, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史, 属性管理とセキュリティレベルの多重化について, 電子情報通信学会, 情報・システムソサイエティ特別企画 学生ポスターセッション予稿集, 119頁, 新潟, Mar. 2014. (2013 年度 )
  23. [6 Proceeding of Domestic Conference] 上田 哲史, 伊藤 大輔, 分岐を求めるということ, 電子情報通信学会, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS35-SS38頁, 新潟, Mar. 2014. (2013 年度 )
  24. [6 Proceeding of Domestic Conference] 伊藤 大輔, 間野 翔大, 上田 哲史, カオス中の疑似周期軌道の安定化, 電子情報通信学会, 電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集, SS57-SS58頁, 新潟, Mar. 2014. (2013 年度 )
  25. [7 Et cetera, Workshop] 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博, BVP発振器の結合方式による分岐と発振状態の特徴, 電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.271, 117-122頁, 高松, Oct. 2013. (2013 年度 )
  26. [7 Et cetera, Workshop] 稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博, 4次元自律系のバースト発振の解析, 電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.271, 199-204頁, 高松, Oct. 2013. (2013 年度 )
  27. [7 Et cetera, Workshop] Shota Mano, Daisuke Ito, Tetsushi Ueta, Emergent Control of Pseudo Periodic Orbits in Chaotic Dynamical Systems, Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, IEICE Technical Report, Vol.113, No.341, pp.55-58, Hong Kong, Dec. 2013. (2013 年度 )

next up previous
Next: 2014 school year (47 Up: List by school year Previous: 2012 school year (45
Contact address: ueta @ tokushima-u.ac.jp
2017-07-31