next up previous
Next: 2018 school year (51 Up: List by school year Previous: 2016 school year (49


2017 school year (50 years old) 21 entries

  1. [2 Academic Paper] Takeshi Kojima, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga, Multivalued discrete tomography using dynamical system that describes competition, Hindawi Publishing Corporation, Mathematical Problems in Engineering, Vol.2017, No.Article ID 8160354, 9-pages, Oct. 2017. DOI:10.1155/2017/8160354 (2017 年度 )
  2. [2 Academic Paper] 竹田 智洋, 大平 健司, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, キャンパス内の不正アクセスポイントを無線フレームの復号なく検出する手法, 電子情報通信学会, 電子情報通信学会論文誌(B), Vol.J101-B, No.2, 90-99, Feb. 2018. DOI:10.14923/transcomj.2017GTP0013 (2017 年度 )
  3. [5 Proceeding of International Conference] Michitomo Morii, Hiroki Tanioka, Kenji Ohira, Masahiko Sano, Kenji Matsuura, Yosuke Seki, Tetsushi Ueta, Research on Integrated Authentication Using Passwordless Authentication Method, IEEE Computer Society, COMPSAC Workshops 2017 Student Research Symposium, 682-685, Torino, July 2017. DOI:10.1109/COMPSAC.2017.198 (2017 年度 )
  4. [5 Proceeding of International Conference] Hiroki Tanioka, Takafumi Bando, Kenji Matsuura, Kenji Ohira, Masahiko Sano, Tetsushi Ueta, Improving Document Availability in Storage, Wherere our important documents for daily business operations?, IIAI, The 9th International Conference on E-Service and Knowledge Management (ESKM 2017), 997-1000, Hamamatsu, July 2017. DOI:10.1109/IIAI-AAI.2017.139 (2017 年度 )
  5. [5 Proceeding of International Conference] Yuu Miino, Tetsushi Ueta, Five-segment PWL conductance in a Josephson junction, Proc. IEEE TJCAS 2017, Okayama, Aug. 2017. (2017 年度 )
  6. [5 Proceeding of International Conference] Yuu Miino, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Global bifurcation analysis in a simple piecewise linear non-autonomous dynamical system, Proc. NOLTA 2017, 629-632, Cancun, Mexico, Dec. 2017. (2017 年度 )
  7. [5 Proceeding of International Conference] Takeshi Kojima, Tetsushi Ueta, Tetsuya Yoshinaga, An attempt to enlarge basin in discrete tomographic dynamics with a competitive term, The Research Institute of Signal Processing Japan, Proc. of NCSP'18, Honolulu, Mar. 2018. (2017 年度 )
  8. [6 Proceeding of Domestic Conference] Miino Yuu, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Bifurcation phenomena and homoclinic states of a simple piecewise linear dynamical system, Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, NOLTAソサイエティ大会, No.NLS-18, Nagoya, June 2017. (2017 年度 )
  9. [6 Proceeding of Domestic Conference] 西村 友基, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 谷岡 広樹, 大平 健司, 関 陽介, 上田 哲史, Maharaにおける研究成果物のメタデータ管理手法, 情報処理学会, 第16回情報科学技術フォーラム講演論文集, 349-351, 東京, Sep. 2017. (2017 年度 )
  10. [6 Proceeding of Domestic Conference] 美井野 優, 上田 哲史, Josephson 接合素子特性の 5 区分線形化, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 24, 松山, Sep. 2017. (2017 年度 )
  11. [6 Proceeding of Domestic Conference] 上田 哲史, 板東 孝文, Raspberry Pi によるディジタルサイネージの構築と運用, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 241, 松山, Sep. 2017. (2017 年度 )
  12. [6 Proceeding of Domestic Conference] 丸山 伸, 大平 健司, 佐野 雅彦, 谷岡 広樹, 松浦 健二, 上田 哲史, 端末教室における環境統一と端末の高速性とを両立する管理ソリューション, 情報処理学会研究報告, Vol.2017-IOT-39, No.14, 1-6, 埼玉, Sep. 2017. (2017 年度 )
  13. [6 Proceeding of Domestic Conference] 竹野 凌, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 谷岡 広樹, 大平 健司, 関 陽介, 上田 哲史, 研究組織における研究分野の可視化, 大学ICT推進協議会, 大学ICT推進協議会2017年度年次大会論文集, 広島, Dec. 2017. (2017 年度 )
  14. [6 Proceeding of Domestic Conference] 谷岡 広樹, 松浦 健二, 上田 哲史, 河野 文昭, BYOD環境によるワークショップ型実習の試みとその課題, 全学FD推進プログラム, 大学教育カンファレンス in 徳島, 徳島, Jan. 2018. (2017 年度 )
  15. [7 Et cetera, Workshop] 美井野 優, 上田 哲史, 川上 博, 簡素な区分線形力学系に発現するホモクリニック点の分岐, 電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.NLP2017-15, No.18, 73-76, 岡山, May 2017. (2017 年度 )
  16. [7 Et cetera, Workshop] 森井 理智, 谷岡 広樹, 大平 健司, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 関 陽介, 上田 哲史, パスワードレス認証方式を用いた認証連携に関する研究, 情報処理学会, 情報処理学会研究報告, Vol.2017-IOT-37, No.8, 1-6, 高知, May 2017. (2017 年度 )
  17. [7 Et cetera, Workshop] 大平 健司, 仲野 弘一, 谷岡 広樹, 松浦 健二, 佐野 雅彦, 上田 哲史, キャンパス無線LAN接続への二要素認証の適用に関する検討, 情報処理学会研究報告, Vol.2017-IOT-38, No.3, 1-6, 徳島, June 2017. (2017 年度 )
  18. [7 Et cetera, Workshop] 居石 峻寛, 大平 健司, 森井 理智, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, FIDOにおけるオーセンティケータ登録のパスワードフリーな運用に関する設計と実装, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IA2017, No.74, 1-6, 栃木県日光市, Mar. 2018. (2017 年度 )
  19. [7 Et cetera, Workshop] 堀内 拓磨, 大平 健司, 谷岡 広樹, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 上田 哲史, スマートデバイス向けサードパーティーアプリの危険性検証ツールの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IA2017, No.75, 1-6, 栃木県日光市, Mar. 2018. (2017 年度 )
  20. [7 Et cetera, Workshop] 岡田 佳奈, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 大平 健司, 谷岡 広樹, 上田 哲史, 研究成果DBを利用した希望研究室選択支援, 情報処理学会研究報告, Vol.2018-CLE-24, No.7, 1-6, 京都, Mar. 2018. (2017 年度 )
  21. [7 Et cetera, Workshop] 平松 孝雄, 佐野 雅彦, 松浦 健二, 大平 健司, 谷岡 広樹, 上田 哲史, 利活用を考慮したゼミ議事録蓄積システム, 情報処理学会研究報告, Vol.2018-CLE-24, No.17, 1-4, 京都, Mar. 2018. (2017 年度 )

next up previous
Next: 2018 school year (51 Up: List by school year Previous: 2016 school year (49
Contact address: ueta @ tokushima-u.ac.jp
2018-06-25