next up previous


Proceeding of Domestic Conference
大家 隆弘, 上田 哲史, 矢野 米雄, 徳島大学 教育·研究者情報データベースの開発と運用, 社団法人 日本工学教育協会, 平成15年度 工学·工業教育研究講演会講演論文集, 633-636頁, 札幌, Sep. 2003.

Abstract: 大学においては,教育・研究活動を広報する目的で,紀要,教育要覧,研究要覧などの定期刊行物(以下,刊行物)を出版している.刊行物に収録することにより読者に効果的にアピールできる項目としては,構成員の業績リストが挙げられる.一方で,大学の構成員に対する業績調査も頻繁に行われており,教職員はその都度調書の作成を行っている.これの刊行物や調書を制作するためのデータは,例えば学歴,職歴のように職員個人にとっては不変の情報であったり,著作リストのように既存のデータを追加するだけで済む情報である.しかし,個人のデータの記録書式や,編集者のデータ収集方法を統一することは困難であり,よって,刊行物ごとにデータの再入力が強いられ,結果,編集・校正に長い期間を要し,データ入力者のみならず編集者にとっても多大な負担となる.そこで本学では,上記刊行物の網羅すべき項目を洗いだし,「情報の再利用」を設計思想として,ユーザの入力と刊行物の編集作業の援用を指向した「教育・研究者情報データベース」(EDB; Education and research database, 以下,EDB)を構築した.本稿ではこの EDB の開発と運用について述べる.


Contact address: ueta @ tokushima-u.ac.jp
2016-07-08