next up previous


Et cetera, Workshop
西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博, BVP発振器の結合方式による分岐と発振状態の特徴, 電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.271, 117-122頁, 高松, Oct. 2013.

Abstract: BVP 発振器は単純な回路構成で発振状態を観測できる有名な非線形モデルである.BVP 発振器は二つの状態変数に関係したポートを持つため,二つの同一 BVP 振器を結合する場合でも,結合方式の違う結合発振器が複数存在する.これらの結合発振器のうち,基本的なものは既に研究されているが,非線形特性や正規化手法が違うため,その結果を単純に比較し特徴を求めることはできない.そこで,本研究では基本的な結合方式について,同一条件で平衡点やリミットサイクルの分岐,同期発振の状態を調べ,結合方式による特徴を明らかにする.


Contact address: ueta @ tokushima-u.ac.jp
2016-07-08