next up previous


Et cetera, Workshop
稲葉 純平, 西内 悠祐, 上田 哲史, 川上 博, 4次元自律系のバースト発振の解析, 電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.271, 199-204頁, 高松, Oct. 2013.

Abstract: バースト発振は神経細胞の振る舞いを考える上で重要であり,これまでに様々な数理モデルが構築されて きた.しかし電気回路で容易に実現できるモデルは少なく,複数の発振器を組み合わせたり,系に周期外力を印加す ることでバースト発振が実現されている.われわれは準周期を発生させる BVP 発振器について研究する過程におい て,4 次元自律系のバースト発振器を構成できた.構成素子点数も少なく,実装が容易である.本報告では,この力学 系における,バースト発振がパラメータに依存してどのように変化するのかを周期軌道,準周期軌道,ならびに数値 シミュレーションと実回路上の応答と対比させて示す.また周期解の分岐解析を行い,バースト発振の位相的性質を 特徴付けた.


Contact address: ueta @ tokushima-u.ac.jp
2016-07-08