next up previous


Academic Letter
正木 寿和, 上田 哲史, 寺田 賢治, フラクタル符号を用いた指紋による個人認識の一手法, 画像電子学会誌, Vol.29, No.2, 147-152頁, Feb. 2000.

Abstract: フラクタル符号化された指紋画像データを用いて,個人識別を行なう手法を提案する.指紋は完全なフラクタル図形ではないが,部分的な自己相似性を有している.フラクタル符号化は部分的自己相似性を利用して圧縮する技術であるが,本手法ではこの圧縮の原理を用いて個人固有の指紋の特徴を抽出する.すなわちフラクタル符号の部分自己相似を探索するアルゴリズムにより,データ取得の際の指紋の位置や向き,指の状態や押しつける強さの違いによって生じる画像中の指紋の大きさや太さ,かすれなどの影響を受けないように個人特徴を抽出することを実現した.


Contact address: ueta @ tokushima-u.ac.jp
2016-07-08