next up previous


Academic Letter
武内 朗, 上田 哲史, 寺田 賢治, 相似領域を可変としたフラクタル符号化を用いた画像領域分割, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J83-D2, No.7, 1695-1700頁, July 2000.

Abstract: フラクタル符号化の原理を用いて画像中の同じ性質の領域ごとに分割していく手法を提案する.全ての画像は部分的には互いに相似な場所があるが,その性質を利用した画像データ圧縮方式をフラクタル符号化と言う.本手法ではフラクタル符号化の圧縮データ中に含まれる画像中の相似な場所同士の位置関係情報を利用して,画像を領域分割していくものである.従来,フラクタル符号化では相似な部分をある一定の大きさごとで検索していたが,本手法では相似領域の大きさを変化させることで,領域分割の精度の向上を実現した.


Contact address: ueta @ tokushima-u.ac.jp
2016-07-08