next up previous


Academic Paper
三好 康夫, 大家 隆弘, 上田 哲史, 廣友 雅徳, 矢野 米雄, 川上 博, EDBを利用した学習経路探索を支援するeシラバスシステムの構築, 徳島大学, 大学教育研究ジャーナル, No.3, 1-9頁, 徳島, Mar. 2006.

Abstract: 徳島大学では,教育・研究者情報データベース(EDB)が稼働しており,シラバスの作成やWeb閲覧に利用してきた.現在,教育と学習の基盤(教学インフラ)開発の1つとして,授業科目間の関連性を動的にグラフ表示するeシラバスシステムの構築を行っている.eシラバスの構築にあたり,各授業科目のシラバスに,キーワード,先行科目,関連科目の3つの項目を新たに設けた.EDBのデータ保存形式であるXMLは汎用性が高く,1つのテキストファイルで構造化データを表現できるため,配布されるCD-ROMにそのまま格納することで,Webを介さずに科目間の関連性をグラフ表示可能である.eシラバスの実現により,ネットワークを介して学習計画や学習経路探索が支援され,シラバスの使い勝手が向上する.


Contact address: ueta @ tokushima-u.ac.jp
2016-07-08